「TGN光」なら、光回線とプロバイダがセットで月々5,200円!

title_bn.jpg

お問い合わせ方法

お電話でお問い合わせされる方へ

tel_icon.jpgTEL:0182-23-6541
下記の「よくある質問」に、該当する項目が無い場合は、お気軽にお問い合わせ下さい。

メールでお問い合わせされる方へ

mail_icon.jpgmail_support.jpg
件名「TGN光お問い合わせ」、本文にお問い合わせ内容を明記の上、送信してください。
営業日24時間以内に返信いたしますので、48時間経っても返信が無い場合は、ご面倒をおかけいたしますが、再度メールをいただくか、お電話をお願い致します。
なお、返信は、パソコンから行いますので、Gmail・スマートホン・携帯電話からの場合は、hikari.networkからの受信が出来るよう、受信設定をお願い致します。

FAXでお問い合わせされる方へ

fax_icon.jpgTEL:0182-35-2031
お問い合わせ内容を明記の上、FAXをお願い致します。
その際、返信に必要なお客様のFAX番号も忘れずにご記入ください。

■よくあるご質問

Q:「光コラボ」とは、何ですか?
NTT東日本から光回線を借り受け、光コラボレーション事業者が自社サービスと組み合わせてお客様に提供するサービスです。
「TGN光」の場合、光コラボレーション事業社は、有限会社テクノプライズとなります。
NTT東日本の光アクセス回線を借り受け、弊社のテクノプライズグローバルネット(プロバイダサービス)がひとつになっております。
Q:「転用」とは、何ですか?
NTT東日本のフレッツ光をご利用中のお客様が「TGN光」に変更される場合、新たに工事を実施せずに、契約先をNTT東日本から弊社に変更する手続きのことを「転用」としています。
転用しますと、NTT東日本との契約内容が弊社に開示されますので、予めご了承ください。
ご契約中のサービスにより、COP/CAF番号変更になり、工事費が発生する場合がございます。
なお、この「転用」手続きは、強制ではありませんので、現在のフレッツ光でしかご利用できないサービスをご利用の場合は、「TGN光」に変更せず、そのままご利用ください。
Q:現在「TGN」を利用中ですが、「TGN光」に変更するとアカウントはどうなりますか?
現在フレッツ光をご利用中で、同サービスへの変更の場合は、COP/CAFが変わりませんので、プロバイダ情報もそのままご利用いただけます。
フレッツ光から、TGN光へ変更した際も、メールアドレスの変更はございません。
ただし、回線変更(Bフレッツからギガ)など、回線種別が変更になる場合は、プロバイダ情報も変更になる場合がございますので、予めご了承ください。
Q:「116」に問い合わせたが「NTTのサービスではない」と言われました
転用手続きを終えた後は、回線の契約先は、NTT東日本から有限会社テクノプライズへ変更となっております(TGN光の場合)。
したがって、転用手続きを行ったお客様の契約先は、NTT東日本ではなくなるため、NTT東日本に問い合わせを行っても、契約情報がない状態ですので、116へお客様情報を伝えても「サービス提供はありません」といったアナウンスがされると思います。
転用手続きを終えたお客様は、お申込みになった光コラボレーション事業者様にお問い合わせ下さい。
TGN光以外の光コラボにつきましては、弊社ではお答えすることが出来ませんので、予めご了承ください。
Q:「TGN光」にすると工事料の分割はどうなりますか?
フレッツ光から「転用手続き」でTGN光に変更した場合、NTT東日本の契約内容をそのまま引き継ぎますので、工事料の分割も残高をそのまま引き継ぎ、弊社にて決済を行います。
ただし、決済方法につきましては、継続されませんので、新たにご登録が必要です。
Q:「TGN光」にすると利用できないサービスはありますか?
はい、ございます。
にねん割、フレッツメンバーズクラブなどが利用できません。
転用手続きを行いますと、にねん割の割引サービスがご利用できなくなりますが、違約金は発生いたしません。
また、フレッツメンバーズクラブのポイントは、ご利用できなくなりますので、転用を行う場合は、転用前にポイントをお使いいただくよう、お願い致します。
Q:フレッツ光を「TGN光」に変えたいけど、プロバイダは変えたくないです
プロバイダの変更なく、フレッツ光の回線のみをTGN光にすることも可能です。
ただし、転用する回線によっては、回線種別が変更になるため、ご利用いただけないプロバイダもございます。
詳しくは、ご利用中のプロバイダにお問い合わせ下さい。
Q:フレッツ光からTGN光に変えた後、フレッツ光に戻せますか?
フレッツ光から転用し、TGN光に変更した後で、フレッツ光を再び使用したい場合は、転用手続きは行えません。
一度、TGN光をご解約いただき、新たにフレッツ光へのお申込みが必要となり、工事費が発生いたします。
したがいまして、「戻す」ではなく、「TGN光の解約」「フレッツ光の新規申込」が必要となります。
転用により引継ぎされたCOPもしくはCAF番号も変更になりますので、ご注意ください。

Q&Aの最終更新日 : 2017-04-24